ホーム » よくある質問Q&A

よくある質問Q&A

フリースペースとは?
フリースペースは不登校になった生徒のための、気軽に通うことができる家以外の居場所です。多くは任意団体やNPO法人などの市民によるボランティアの方々に支えられて活動しています。そのほか、不登校の生徒の学習サポートを行うフリースクールなどもあります。
不登校とは?
文部科学省では、学校を30日以上連続して休んでいる児童生徒と定義しています。狭義には義務教育期間の児童生徒のことを指しますが、高校生、大学生でも人間関係などに悩み、長期間連続して休んでいれば同じく不登校と見ることができます。
かつては「登校拒否」と呼ばれ、非行少年と同列に見られていたりしましたが、近年は不登校に対する理解も進んできています。
ニートとは?
厚生労働省ではニートに近い概念として、年齢15~34歳に限定し,非労働力人口のうち家事も通学もしていない者と定義しています。
もともとこの言葉はイギリスで使われるようになった言葉で、「Not in Education, Employment or Training」(教育を受けているわけでもなく、就業者でもなく、 就業訓練を受けているわけでもない人)の頭文字を取って‘NEET’と呼ばれています。日本ではニートというと非常にネガティブなイメージが付いてしまっていますが、イギリスやアメリカなどでは、社会に出る前の準備期間として寛容に見守るという違いがあります。
“レイブル”とは?
“レイブル”とは、‘ニート’に代わる新しい呼び方として大阪府などが提唱しています。レイブルは英語の「late bloomer」(レイト・ブルーマー)を略した言葉で、「遅咲き、大器晩成の人」という意味があります。
日本ではニートというと非常にネガティブなイメージがついてしまっています。
そこで「このままではいけない」「外に出られるようになりたい」、「でも、どうしたらいいのかわからない」といった若者をポジティブに捉えてもらいたいと思い、私たちも“レイブル”という新しい表現を使うことにしました。
     
トップ部分に戻る